理系ミステリはトリックが面白い

国語と数学と歴史が好きだったので
文系と理系に分かれる時には
文系を選択しました。

計算をしてきっちり答えがでる
数学も楽しいのですが
国語とか歴史とか
文章も読むことは
子供のころから好きでした。

小学生のころから
運動もしていたけれど
本を読むことも好きでした。

最初にハマったのは
「ズッコケ三人組」シリーズで
そのあとにハマったのは
江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズでした。

そのころから謎を解いていく
ミステリの世界にどっぷりつかるようになり
大人になった今でも
ミステリ小説を読み続けています。

ミステリの世界でも
いろいろなタイプがあって
その中に理系ミステリというものがあります。

今まで理系とはまったく縁がなかったのですが
数学が好きだったこともあって
理系ミステリにあっという間にハマっていきました。

理系ミステリはトリックが面白いです。
理系の頭脳からしか考えられないような
ことが繰り広げられるので
それを見ている(読んでいる)だけで楽しいです。

理系ミステリで有名なのが
森博嗣さんのシリーズで
ドラマ化されたりアニメ化されたりしています。

ドラマ化された「すべてがFになる」は
理系ミステリの面白さを楽しむことができました。

原作を読んでから
ドラマを観るのも楽しいものですね。

すべてがFになるは動画配信されているので
動画で視聴することができます。

すべてがFになるのドラマを動画で観て
理系ミステリの面白さを
もう一度感じてみたいと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする