箸の扱いがちょっと苦手です

手先が器用でないからなのか
箸の扱いがちょっと苦手です。

特に不自由というほどでもないのですが
小さい豆を箸でつまんで
移動するなんて競技に参加したとしたら
たぶん散々な結果になることが想像できます。

箸先を思いのまま操れたら
どんなに楽しいことでしょう
などと思いながら
いつも悔しい思いをしています。

ちょうどよい力加減で
箸先がぴったりと揃って
食べたいものを
ガッチリホールドできたら
いいのだけれど
箸先がずれてしまって
しっかり持つことができません。

子供の時に箸の練習をしておいたら
大人になってから違っていたのかもしれないですね。

自分に子供ができた時に
箸の練習をすべきなのか
悩むだろうなということは
容易に想像がつきます。

箸の使い方が気になった時に
必ず頭に浮かんでくるのが
美味しんぼです。

美味しんぼの中の話で
海原雄山が箸の先の方だけを
使って食べるシーンがありました。

正しい箸の使い方とは
こうなんだというのを教えるのです。

そこまで徹底した箸の使い方を
マスターしたいわけではないのですが
器用に食事ができるようになりたいと
思ったエピソードでした。

そんな美味しんぼですが
今では動画配信されているので
フル視聴することができます。

美味しんぼを無料で動画視聴することができるので
テレビ方法で観ていたころを
懐かしみながら観てみたいです。

箸の使い方の話が
どこの回だったのかは覚えていないので
最初から観ていって確認したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする